石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2008年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

恵みの雨

ここ数年、立春をすぎての寒さは本格的で、リウマチの身にはかなりこたえます。恵みの雨は、冬の眠りから目覚めさせるように、新吉野桜が10輪ほど咲きました。雨が上がれば、一気に咲いてくるでしょう。藪椿の紅も鮮やかです。近々メニューがかわります。とてもおいしいと、ひと声かけてくださるお客様が多くなりました。お出かけをお待ちしています。...

暦では春

昨年のこの日は寒気が覆っていまして、ぶるぶるでした。寒さは行きつ戻りつしながら、わははははの春の気配が次第に多くなってきます。通常ですと、3月終わり頃に咲くという、うぐいすかぐらはすでに1月の終わりごろには、細くて小さな蕾みたいな花をつけています。野辺の菜の花、ほとけのざ、すずしろも健気に咲いています。...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。