石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2008年11月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

にぎやかな連休

連休のご予約は行楽シーズンで職場や地域のご旅行でのお食事のほかに、・百歳の誕生祝いの方・「お前百までわしゃ九十九まで」の言葉で餅踏みをさせる 1歳の初誕生祝いの方・七五三祝いの方・お顔合わせの会食と、様々な家庭行事にご利用いただきました。お店から用意させていただくメッセージを手にされた方は「一昨年はおふくろの米寿の祝いをここでしたがやっぱりここはよか。友達にも宣伝しますばい」と喜んでいただきました...

寒かったですね

11月20日 10:18amの風景朝もやと、朝の光とせせらぎ...

この前の麹の続、そして富有柿の食べ頃

麹は和え衣となって出てきましたが、微妙な味で、試食してOKを出す人は私くらい…結局出場停止。母が元気な頃は、お正月を過ぎて寒の頃となると麹甘酒が登場します。(唯一のおやつでした)甘くて、温まって、母のぬくもりと天然の美味しさが貧しさを忘れさせてくれていたようです。大寒の頃から仕込んで2月半ばまで毎日飲み続けて飽きてきた頃、思い出して又飲むと酸味を帯びてこれが又 う・ま・い。富有柿が美味しくなりましたの...

ねこ蔵さんに元気をいただいて

昨日、晴れ間を狙って撮影しました。秋晴れのみのう山と染め始めた庭表通りの秋晴れと秋草表通りと遠くに見える三井小富士(花立山)光と影光と影と秋空...

ひと雨ごとに

朝、目を覚まし部屋の障子を開けると、雑木林と下草はしっとり。食事をいただき、表通りに出て、いつものように前方の広がりを見遣ると、三井小富士(花立山)は姿を表わしません。あのあたりも時雨れているのでしょう。ひと雨ごとに秋は深まります。メニューも少しづつ入れ替わり作業がはじまりました。今日は麹屋さんへの買い物があったのでなにが出てくるか楽しみです。...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。