石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2011年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

連日のいただきもの

最後の「巨峰」、新品種「早秋」、そして節太さんの「梨」、今日は「いちぢくドーフィン」。くだものはここ1日2日が食べどき。幸い胃の丈夫な私は、朝、新聞を読みながら「お茶」、「巨峰」。読み終えて朝食。その後に「梨」。お店に行くと、日頃よくしていただく方から「いちぢくドーフィン」が届いていました。いちぢくドーフィン 葉っぱは山いちぢくの葉とさくらの葉幼い頃、母が私の事を「ぞうよぶて」(贈与)と言っていまし...

色々食べてみたけど笹おこわは美味しい

・豚肉の甘い匂いが笹の匂いと共に食欲をくすぐり、 さっき昼ごはんを食べたのにまた、 「たべよっ」とそそられました。・食べ方の提案 もちろんレンジOK。 最高の状態を期待するならば、小皿に笹おこわを2ヶ入れます。 深めのお皿に水を張り、その中に(下の水が入ったらいけませんよ)。 上下の皿全体をラップであおって3分!わぁぁぁ~~~!笹も生のよう!!笹の匂い、そして豚肉の甘い匂い、ごはんのやわらかい味と豚肉...

あの美味しいチーズケーキは・・・

「八幡のえんとつ」でした。以前人にもらっていただいたケーキが久々に「おいしーーーっ」ものでした。6月でしたので箱から取り出しにくかったのですが、季節を意識して、このほどお取り寄せしました。お店の名は福岡の香椎神宮参道沿いの「ケーキハウス アン」。北九州市八幡西区の浅川通りの「夢の季」(支店です)妖精のような雰囲気を持ち、煙突をイメージしたチーズケーキです。美味しいばかりでなく、気に入ったのがお値段...

申し訳ありません まち旅のご予約は締め切りました

まち旅の予約は20日から始まりましたが、版画と食事のコースは初日の午前中で定員いっぱいとなり、その後も申し込みがあり、お断りした数のほうが多いほどです。申し訳ありません。先生が丁寧なご指導をされるには10名が限度だそうです。来年もして下さいとのお声。ありがとうございます。...

毎度おなじみの田中さん

今回は三回忌のご法事でした。厳格な方でしたが清々しい方で、なぜかかわいがっていただきました。創業時からのお客様です。お孫さんも立派な社会人。跡取りの秀ちゃんは務めのかたわら、広い田畑、屋敷の草取り。「守ってゆくちゃ大変ですばい。」と。40年となりますと三代目様とのお付き合いがあって、ねえちゃま、おばちゃまと呼ばれています。現在三代目様との末永いお引き立てをお願いします。...

おばあちゃんが奥から出てこられて

ご法事の料理をお届けし、器の回収に伺った者が、「えらいよろこばしゃったですよ。奥から腰の曲がったおばあちゃんも出てきてお礼を言わっしゃったですよ。」と言います。(ご近所、お知り合いの方に教えてあげてください。)そこのおうちは七回忌ですので、これまでに初七日、初命日、四十九日、初盆、暮のおばん、一周忌、三回忌、そして今度の七回忌。初めてのご注文でしたが、気分転換で頼まれたのがこんなに喜ばれてうれしい...

笹おこわ誕生物語 2

「レンジ チンでこれほどのものが喰えるなんて!?」「すっげぇうまいっすよ!!」「ご自分で育てた豚ですもの美味しいに決まってますよ」と言ったら、「けどレンジでチンでこれほどのものが喰えるってすげぇぇぇ・・・・。」とほめる事ほめる事。近々発売の笹おこわのおはなし。  ・お米も地元産 ・豚も地元産 ・甘味は地元特産の富有柿(美味しいにきまってますよ)「ちっご女はたらきもんとうまいもんと法螺を吹きたくなり...

オーダーメイドパン屋

食欲の秋にちなんで他所の「美味しいものシリーズ」スタート!まず最初のお店の名前は「オーダーメイドパン屋」さん。これを人にいただいて食べたのが忘れられなくて。秋には必ずお取り寄せをするものです。なぜかこの時ばかりは紅茶が欲しくなります。二年ほど前から年末の贈り物に使わせてもらっています。するとお礼の電話がはいり、「子供が喜びました。」「妻がえらい喜んで・・・・・。」と。少ない予算での贈り物がこんなに...

空とみのう連山と彼岸花

...

笹おこわ誕生物語 1

色々食べてみたけど笹おこわは美味しい。いいものを目の前にして、これで名物ができないかなぁーと3年前からチャレンジしたのが笹おこわです。家庭で簡単に    ・不意の来客  ・ちょっとおなかがすいた  ・本物が食べたい  ・本当に安全なものを食べたいとのご要望に応えたのが地元産をあつめた笹おこわ。・お米も・豚肉も・砂糖がわりに使う富有柿みんなつくってる人の顔は知ってるし、日ごろからお付き合いがある人。...

おせち

早くもおせちのご注文がありました。ご来店の方から「おせちもなさってるんでしょうか?」とお尋ねがあり、まだ販促物も出していませんでしたが、ご予約をされて帰られました。うれしいです。ありがとうございます。...

久留米まち旅博覧会 おかげさまで・・・

石兆亭の食事と木版画で年賀状づくりのコースは、本日午後1:00で締め切らせて頂きました。山苞の道の紅葉の見頃と倉富敏之先生の特画工房での木版画づくりは、今朝9:00になったとたん電話予約が入り大好評 で定員で締め切らせて頂きました。充実した日が想像できる一日になりますよ。ありがとうございました。9月20日...

敬老の高浪カズエ様 81才

去る6月にご法事でご利用されたのが高浪昌登様で浮羽町の方でした。今回は高浪敬二様、福岡市の方です。お支払いの時、「6月に来てよかったのでここに決めました。母も喜び、私もやっぱりここにしてよかった。」と、ありがたいお言葉。感謝感謝。9月18日...

いい食器に出会いました

山間の道の西は草野町。発心公園へ行く道すがら左へちょっと入り込むと、草野陶房「現の証拠」作り手は河北徹さんです。「盛り映えのする食器作りをテーマ」にされるだけあって、欲しいものばかりありました。家庭にお小皿やごはん茶碗にとあったら、ほのぼのとした時間を想像出来ます。以前から気になるところでした。ぜひお立ち寄りになられては。...

誘われて広川町の絣まつりへ

午後の3時間で広川町の絣まつりへ。誘って下さったのは櫨ローソクでおなじみの矢野真由美さん。彼女考案の櫨染スカーフが好評でよくお買い上げいただくので、「もしかしたら絣のものも紹介したらいいよ。」とすすめられたのがお誘いの理由でした。私が育った田主丸町中町の我が家の隣は織子さんを抱えた絣屋さんでした。そのせいか目が肥えさせてもらって、会場に入るや、いい染めのところから足が動かなくなりました。少々難アリ...

秋の旅行の下見で福岡や北九州から

PTA旅行の下見は若いお母様方(30歳代)。ワイン工場や胡麻焼酎工場、うきはの窯元、道の駅へとご案内しました。いちぢく狩り、なし狩り、そして柿狩りへと・・・・もう秋です。北九州からは同好会のお集まりで秋の小旅行の下見。近辺の風景も変わってきました。カボチャの花じゅず玉オオ イヌタデカリンの実9月15日 朝の月 AM4:509月15日 AM7:00...

新行員として最初に赴任したのが田主丸

と言われるIさん。先日ご法事でおいでになりました。新入行員当初のIさんのイメージは今も変わらず「あぁ やっぱり。」。確固たる人生を歩んで来られていて、そばのお母様も「思う通りに進んでくれて安心しております。」。親孝行のIさんおめでとうございます。親に安心させられる子になれるなんて、子として大仕事。とてもいい話を頂きました。9月18日...

彼岸花

8月22日毎年ひと月早く咲く彼岸花うきは町の棚田の彼岸花にも是非足を延ばして下さい。連休は避けられたほうがいいですよ。(カメラマンでにぎわっていますので)9月15日...

秋晴れには耳納スカイラインへ

食事が終わってどこへ行こうかお尋ねの方に、必ずお勧めするコースは「店の前を右に行き、山に向かって行くと鷹取山頂へでます。あとは360度のパノラマが壮観ですよ。博多湾、雲仙も見えます。最終地点の高良山の茶店で、トコロテンを必ず食べて帰ってください。すうどんもおいしいですよ。」平原古墳群と楽しみ方もご紹介しています。そうそう、数年前に驚いた光景に出会いました。あのスカイラインを自転車で走っていた人がいた...

魅力満載のまち旅博

今回で6回目となる久留米の食文化、自然などを体験する観光ツアーは、年々企画が充実し、この秋は81のツアーができます。ガイドブックを見て、福岡の母娘づれのお客様は「わぁ~これいいね。これもいいね。こんなのがあるなんて知らなかった。」と。お父さんも「田主丸はいいとこですね。」ですって。石兆亭の企画に過去2回、男性一人でご参加の方は山口からおいでです。その時の食事が良かったので、おせち料理もご注文して頂きま...

お昼ごはんは鰯のフライ

9月になると鰯が美味しくなってきます。昔は頭と腹わたをスパスパと切り落とし、濃い口醤油、お砂糖、お酒、生姜で炊いていました。母が食べさせてくれたのを思い出して、毎年毎年炊いて知人にもお配りしたものです。今日は板前さんに作ってもらって昼はフライ。プリンプリンの生きの良さは青臭さもなく、贅沢なお昼ご飯でした。夜はお刺身です。おろし生姜と刻みネギたっぷり。カボスを絞れば今夜は飲みたくなる~~~ぅ。2~3日...

親切なぶどう農家さん

「品物にならんぶどうばってん、よかなら食べて。」っと。たっぷりいただきました。6キロほどです。人の手が届かないお天気様のご機嫌がよろしくなかったので、房の見栄えが良くありません。(ワケアリ)として売れるものであっても売ってもらえません。丁度居合わせられたお客様に一房づつ差し上げたら、「十分な甘味があり元気が出ました。」。お馴染のお客様も、「親切が身にしみたばい」と大喜びです。いただいたご親切のおす...

笹おこわ

近々発表の笹おこわ。連日試作試食のくりかえしです。今日は朝ごはんに続いて、またもや虫養い(別に腹の虫が鳴いたわけではありませんが、皆さんに試食していただくついでに、食いしん坊の虫が鳴きだしたのでした)。9月7日...

理央ちゃん(2才6ヶ月)

ご法事でご来店の理央ちゃんです。お父さんのおじさん(田篭家)の3回忌。いつもご利用いただいています。ありがとうございます。9月5日...

大分からの絢菜ちゃん(2才1ヶ月)

たくさんごちそうを食べていただきました。ありがとうございます。9月5日...

結登君(4ヶ月)

川本直紀さん、昌子さんの第1子です。去年10月10日が結納で、その後もご近所の方とのお別れの宴、そして今日はおじいちゃまの3回忌(一登様)。一登様のお孫さんになられる昌子さんは、「男の子が生まれたらおじいちゃんの登を付けたいと願っていました。里帰りしたらいつもお仏壇のところに結登を連れて行くんですよ。」と、ほのぼのしたお話をいただきました。結登君とおじいちゃまの上村真市様。結登君一家。いつもご利用下さっ...

急遽、金沢からのお客様

社員旅行で金沢からのご利用です。若い女性の方に美味しかった料理を上げていただきました。トマトコロッケ、次にお魚の煮付け(これは赤ムツ、ノドグロと呼ばれる魚)、秋刀魚のお刺身、いちぢくの天ぷらと。さすがに金沢の方は美味しいものをご存知。お出ししたもの全部が美味しいと言っていただきうれしいかぎりです。ありがとうございました。9月3日...

彼岸花

露がたっぷりの彼岸花9月2日...

ぶどう農家の嘆き

贈り物用の巨峰を注文しました。夕方に試食用にといただいたぶどうで説明を受けますと、「今年は長雨と日照りが続き甘さがいまいち。贈り物用は9月にさせてくれませんか。ハウスもこの前の台風で壊されてしもうて散々です。商売にならんぶどうですが、皆さんで食べてください。」っと、ホントにお気の毒な農家の方のお話でした。確かに粒は小さいですが、渋み酸味も抜けて美味しくいただきました。9月1日...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。