石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2011年10月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

中津の干物

綾子姐さんのお母さん、つまり92才のおばあちゃんが買われた12000円の中津の干物。おすそわけをいただき今朝いただきました。手の平大の鯵は脂がのっていて、かぼすをギュウーッと搾り、猫またぎの如くいただきました。「ばあちゃんはそれにしてもようこげん買うたね。」と尋ねましたら、「買うちゃやらんとかわいそうじゃんの。っていうんですよ。」という綾子姐さん一家は、「人に物をやるときはよかつからやらんの」という家訓...

新種「恋姫」です

食べてみて下さいと、柿農家の方が持ってきて下さりました。表面にこのようにキズが入りやすいのがキズですが、とてもやわらかい味で、糖度は20度以上あります。やわらかくなったらマンゴーのようになると教えてもらったので、ちょっと待ってみようと思います。こうしていつもどなたかが届けて下さいます。おいしい時をいただかせてもらってます。ありがとうございます。...

お世話になった方にご試食の笹おこわ

石兆亭の新しいロゴをお願いした前崎先生には、大変失礼をしました。40年の歴史を捨てきれず、先生のご提案を受け入れなかったんですが、なじんできて身内同然。ご無沙汰のお詫びにお送りしたところ、「いけるぅ~~~っ!!」でした。若い方にも80才ぐらいのおばあちゃまにも「これはおいしい。デパートで買いますよ!」とおっしゃっていただきました。捨てる勇気も学びました。ありがとうございます。今年のギフトにどうですか?...

今年もやってますか??

コモリタという男性の方からおせちのご注文でした。昨年はじめて頼んだのがとてもよかったんで、今年も頼みたいとの事で早々にご予約いただきました。ありがとうございます。...

中津からのお客様

「この前来て良かったので友達を連れてきました。」と元気よくおいでのお客様。鱧が旬の話が出たら、「中津から魚の行商の方が来られて、うちのおばあちゃんが12,000円がつ買うて2~3軒近所に配りました。」という綾子姐さん。というのはついつい買ってしまうほど良い物が運ばれてきていると言うことです。それにしても91才のおばあちゃんが12,000円もの魚を買われるほど、心豊かな人がうきは地域には多いんですよね。「冷蔵庫に入...

4分の1が男性リウマチ患者さん

4週ぶりの福岡行きはリウマチ治療の点滴の日です。朝から気が重い・・・・・・2時の予約には1時間20分もあれば余裕があるのですが、それでは高速で行かなくちゃいけません。ついに12時10分出発!気が重い日はのんびり一般道です。つまり気力がないんです。体力も以前ほどに・・・・ぎりぎりにクリニックに着くと男性が見受けられます。点滴中も男性の声が聞こえてきますので看護婦さんに尋ねると、今は男性の方が4分の1はいらっし...

亡きお父上の17回忌

生前石兆亭がお好きで、度々ご利用いただいていました。ご子息夫婦、そして甥となられる御住職ご家族と。思いでいっぱいがご馳走を、よりいっそう美味しくさせて下さいました。...

足達さんになった中嶋君

若い頃お店に勤めて下さっていた中嶋君が、いつの間にか奥さんの性を名乗り、ご夫婦でお店をされてとても繁盛しています。浮羽町の「純正」です。内助の功あって足達さん在り。これからも健康に気をつけて頑張って下さい。応援しています。...

パッケージも間もなくの笹おこわ

レンジでこれほどいただけるとは!!と私も感心しております。(調理場の皆さんありがとうございます)作るたびに工夫を重ね、三奈木黒糖の端境期には和三盆糖を使用する事にしましたが、これがまた良い。名前も「みのういっとん豚乃笹おこわ」と決まりました。「地元にこげんいいもんができよるとよぉー!」と自信を持ってギフトにできますよ。ぜひ今年のギフトに。...

ブラジルからのお客様

1年ぶりにお会いし、食事をご一緒しながら様々なお話を伺いました。おさしみが大好きでいらっしゃって、伊万里牛を前にして、「こんなお肉は何年振りでしょうか・・・・・」とおっしゃいながら喜んで完食して頂きました。この方は日本の方でございますので。今週はタイの方がまたお見えになります。ビジネスで自動車関連の機械を買い付けだそうです。...

益々美味しくなった笹おこわ

たしか今日で4回ぐらいご試食していただくM先生。「良くなりましたね。」「おこわがほっくりとして益々良い。」と、二人で3ヶづつ、いえいえ追加もあって4ヶです。「後味も良い。結んだのも良い。」とべた褒めでございました。...

かっこいいカメラマン

ずっと以前に瑛太という俳優さんがカメラマンを演じたドラマがありましたね。瑛太君を明るくしたカメラマンの田中さんです。来月挙式を控えての前撮りに石兆亭を選んで下さいました。またご利用下さい。...

来月花嫁さんになられる花嫁さん

あれよあれよでお名前も聞かずにお別れいたしました。落ち着いた雰囲気と気品のある方。今時にはめずらしい雰囲気の方で、円満なご家庭が想像できます。どうぞお幸せに。...

大牟田の甲斐田様

息子嫁さんの安産を願っての戌の日の善導寺大本山詣り。帰り際に北野町山口酒造場で開催されている、「山口怜子パッチワークアート展」のチケットをいただきました。欲張って3枚も頂戴しました。「どうしても石兆亭に行きたい」よかおばあちゃん3人組。左から大石いつ子さん72歳、古賀チヅエさん94歳、中山三知子さん90歳、林チエ子さん85歳。運転してこられたのは72才の大石いつ子さん。よかおばあちゃん3人組のお顔もよ~~く存...

ついこの前の初盆に続いて一周忌法事のお食事

「度々お料理は変えてくださいね。食べる人が同じ人ですので。」とのご要望どうり、私共なりに取り組ませて頂きましたら、「まちがいなかった。」「ここにしてよかった。」「あの笹おこわと松茸の土瓶蒸のタイミングもよかった。」などと喜んでいただきました。初七日、四十九日、初盆、初おばん、一周忌、三回忌と、2年の間に6回もご利用いただく方があります。ついどうぞ浮気なさって下さいと言いますと、「ここなら安心。まちが...

来月は海老芋でつくったフォアグラ万十です

月初めに甥の披露宴でいただいた握りのネタがフォアグラでした。フォアグラのねっとり感に合うものがなんかないかなぁぁぁぁぁ・・・・と、一瞬そこに止まりましたがそのうち忘れて、そうそう、まもなく海老の季節。数日たったある日、おせちの写真を眺め、「献立もこれでよしよし。」と、一人合点していると、海老芋にフォアグラが合うかも???????料理長に話したら、「合いますよ。相ますよ。相性が良いですね。」で、早速...

まさか本当の花嫁さん、花婿さんが・・・・

お客様をお迎えする時間に玄関になんと!?花嫁さんと花婿さんの姿???一瞬「これなに??」つい、「本当の方なんですか??」「はい、お約束しておりました。」数日前に、「お庭をバックに花嫁さんの写真を撮らせて欲しい。」と言うお話でしたので、簡単に、「どうぞどうぞ。」と言っていた事を思い出しました。それであわててカメラでカシャカシャ!!来月が挙式で、今流行の前撮りだそうです。こんなに喜んでいただくのでした...

みごとなルビー

久々に贅沢な朝食。前日は亡き母の実家の仏様まいり。その家には80才になる従兄弟が3世代で住んでいて、私たちが「来るよ~」と電話を入れておくと干し筍や里芋、椎茸の煮しめをはじめ、畑の幸がふんだんに出てきて、最後に鯛のお吸物。この鯛のお吸物は息子嫁が、仕事に出かける前にこさえてくれたご馳走です。夜自宅に戻り、いただきものをお仏壇にお供えしていると、涙が溢れて仕方がありませんでした。なぜ出てくるのかわから...

先日は12000円のご昼食でした

山口県からのお客様で贅沢なご昼食。バス一台でお見えになりました。季節のはしり、旬のもの。地元産をはじめ近隣のご馳走を集めたまさに「馬は走る也!!」でした。美味しいものをいただいて、鳥栖でショッピング。女性には大好評のコースです。ありがとうございました。...

おせちの中身 二段目

続いて二の段のご紹介です。れ・・・五島・長崎付近の天然真鯛のケンチン焼    百合根、牛蒡、人参などを刻んだものと玉子で焙り煮したものを鯛で巻き、煮上げたもの。そ・・・伊万里牛と牛蒡の八幡巻き    牛蒡と相性抜群。存在感のある逸品。つ・・・海茸の粕漬    地元・若竹屋さんの酒粕に漬け込みました。ね・・・自家製伊達巻    上質のすり身を使った自家製伊達巻。な・・・紅白膾    五味五色の中でも...

おせちの中身 一段目

笑顔がこぼれる石兆亭のおせちのご紹介です。今回は二段重の一の段!一の段い・・・蛸の小倉煮    小豆や大豆と炊くことでやわらかく仕上がります。    ぶつきりをかみ締めてください。ろ・・・裏白椎茸    ふた心をないことを表す正月飾りの裏下(シダ植物)で潔白を示す。は・・・数の子の吟醸粕漬    田主丸は水と米どころ。    今も残る三百年の歴史を持つ若竹屋さんの吟醸酒粕に漬け込みました。に・・・...

散歩がてらにおせちご注文

福岡市内の中の良いお友達同士でお立ち寄りくださり、「いつもの二段重を。」と申し込んでお帰りでした。・味がしつこくなくて良い。・捨てるものがない。・手作りのものばかり。・一品一品の料理に手が込んでいる。・最後に鯛雑炊ができる。・ブリの味が違う。・本物を食べた~~~って感じ。などなどおよせいただいています。...

タイのお客様にもウケました

「味も抜けて脂も抜けてたべやすい。」「タイは食が進んだ国です。喜んでもらって良かった。」と、ご接待側のお客様。今日ご昼飯でご利用になり、みのういっとん豚の笹おこわを食べて頂きました。また、「力が入ってるね。」ともおっしゃって頂きました。私どもをはじめ、生産者の方々の想いが伝わった感想だと思います。ありがとうございます。...

そうそう

髪結いと言うともちろん日本髪です。田主丸は江戸時代に町筋が作られ、人やモノの要衝でもあったのです。明治時代の終わりには芸者さんを抱える高級料亭がいくつもあり、ハッチャンおばしゃまの手による結いはそれは見事で、あちこちの料亭のお姐さんが毎日寄ってきたそうです。私の時代はその娘さんがパーマ屋さんをされていました。小学校時代の中町はなつかしい。...

まあちゃんの孫のお宮参り

                 望乃ちゃんまあちゃんは一番大きな人です。小学校2年生まで隣に住んでいまして、弟の友達です。髪結のハッチャンおばしゃまの孫です。「上3人が姉ちゃんたちじゃけん、怒られながら育ってきたつばい。」いつもニコニコ心音の優しい人で、太刀洗に住んでいて、何かと利用してもらっています。いい嫁さんがいて、仕事も順調のようでうれしいです。いつもありがとね。...

川向うの北野に飛んだので、ついでに太刀洗、十文字近くへ

ありすと言うケーキ屋さん。ロールケーキが美味しいですよ。多分お砂糖がいいのだと思います。...

北野といえば

一味ラーメン本店(支店もあります)。パッチワーク展、かます寿司、そして一味ラーメン。まだまだはいるぅ~と言われる方には大城橋近くの里鎌屋のいきなり万十。コスモス街道もお忘れなく。のどかな田舎町散歩のご案内でした。...

大好評です

笑顔がこぼれる石兆亭のおせち。ありがたい事に連日お客様よりお問い合わせ、ご注文などのお電話をいただいております。石兆亭のおせちはすてるものがないと大好評を頂いておりますので、初めておせちをご注文されるお客様にも大満足していただけると思います。一段重12,000円(税込)、二段重25,000円(税込)です。11月20日までにご予約された場合は送料無料です。...

ちょっと高い理由

産直市場に時々出かけるとおこわが並んでいます。ちょっとでも高いほうを求めます。そのちょっとの理由を探りたいためです。そうしたら、恵利の田中春子さんのおこわでした。なんと寿子ちゃんのおばさんの田中さんは、お米作りのほかに、植木苗木の生産をされています。植木と苗木は田主丸の一大産業でしたが、核家族となり、住宅は増えても庭造りをするほどの余裕がある住まいがなくなり、自然緑の産業も衰退してきました。隠居さ...

笹おこわを食べて汗が出てきた

と言われたY女史の言葉に続いて思い出しました。40年も前に常原久弥彌さんという(大阪ロイヤルホテルの名シェフ、お会いしたこともないし、この方のお食事をいただいたこともありませんが)高名な方がおられました。お客様に何が欲しいかと尋ねられたら、「常原久弥彌さんのスープが飲みたい。」と言われるほどの名シェフだったそうです。最近も高名な料理研究科の女史の作られたスープも、病気が治るほどの力があるものと聞いて...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。