石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2012年01月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

こだわり食品フェアin東京ビックサイト

いよいよ「こだわり食品フェア」が東京ビックサイトで開催されます。その準備に明日から東京に向かいます。2月の1,2,3日は福岡県ブースで、笹おこわをバイヤーの方々にご紹介させて頂きます。お時間のある方は遊びにいらして下さい。...

紅乙女の焼酎工場へ

安土桃山時代の建物と言われる田舎家を見学。釘も鉋も使わない手斧作りの見事な建築です。日本の風土に合った採光と風通しの良さは、現在の省エネ時代では大いに学ばしてもらうところがあります。紅乙女さんがこういうものを保存して下さる懐の大きさに敬服致します。その後はワイン工場へと向かいます。ここも40年の歴史の中で変化しつづけて、柿のワインが20年歳月を経て見事に仕上がりました。お酒は生きて成長していました。少...

阿蘇神社へ

右田果樹園さんで園主と新年の挨拶を交わし、阿蘇神社へと向かいます。見事な楠木に出会うと元気がもらえます。御神体はなまず様です。...

久々に田主丸巡り

初めて田主丸に訪れた方を駅に迎えにいき、まずは内山緑地さんのひと山ふた山もある花木類を紹介します。やがてマンサクに鹿児島紅梅。蝶が舞うように白木蓮がひと山を白く塗るようになったら春です。これからの田主丸山苞の道は見逃せませんよ。...

贈り物

「いただいたおこわが美味しかったので、自分用とお友達に買いたいのですが。」と言うご注文を頂きました。笹おこわの輪が少しずつですが広がりを見せています。子供が3ヶも食べて、「メチャうまっ!!」と言われた方もお歳暮にお使いくださった後、寒中見舞用にとお買い上げいただきました。ありがとうございます。...

直方から丁度1時間

88歳になられるお母様と連れだって、度々ご利用いただいています。何でも美味しい美味しいと言っていただいて、その中でもお肉が大好きな方です。よくお笑いで長生きの秘訣がわかりました。① よく食べて② よく笑い③ そして本を読む私も②と③をこれから心かけます。今日もありがとうございました。...

こだわり食品フェアー2012へのご案内

このたび私共の「耳納いっとん豚乃笹おこわ」が、地元生産者の方のご支援を頂き、「こだわり食品フェアー」に福岡県チームとして出展する事になりました。開催期間中には私も駐在しPRに努めたいと思います。もしそちら方面にお出かけのご予定がございましたら、ぜひぜひお立ち寄りくださいませ。お待ちしております。...

やっぱりナマコ、〆鯖はうまい3

幼い頃、7人の私たち子供達を精一杯育ててくれる母は、どんなに貧乏をしても食事は心を込めて作っていました。その時の味が私の財産になり、この仕事を続けさせていただいている土台となっています。次回はカツオ菜とかずのこの粕和之(からし和之)を、松の内が過ぎた頃いただけそうです。...

やっぱりナマコ、〆鯖はうまい2

お節というのは実家への新年のご挨拶に伺うと言う事で、実家では大変なご馳走をしてほとめいて下さるのです。ほとめく側は大変ですよね。私の場合は姉の家に出向きます。私の顔を見るなりご馳走の準備をしてくれます。「今いただいてきたからなんにもいらんよ。」20分前におなかいっぱいで出かけてきたのでそう言いましたが、「ナマコもあるよ。美味しい〆鯖もあるよ。これは26日に買うたもんよ。」と聞き、「闇夜の鯖なら美味しい...

やっぱりナマコ、〆鯖はうまい1

元旦も雑煮の御餅を朝3ヶ、昼2ヶ、夕方2ヶと、お重詰めのご馳走をいただきました。2日も雑煮のおもち3ヶ。お昼は仕事始めで店のスタッフの皆さんと、お重詰めのごちそうにたっぷりのお雑煮をいただきました。次のお客様があるので慌しくいただきながら、何か足りないねぇ??そうです。鰤のお刺身が抜けていました。ガツガツといただき次のお客様の準備。私はそのあとちょっと抜けて石井家のお節です。続く...

ご挨拶が遅くなりました

新年のご挨拶が遅くなりました。皆様明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。皆様に支えられての石兆亭です。どうぞどうぞよろしくお願い致します。...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。