石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Archive [2012年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

蕗の薹の佃煮

生の蕗の薹を添えて写しました。「春は苦味を喰え。 夏は酸味を喰え。 秋は旨味を喰え。 冬は油味を喰え。」と若い頃、古老に教えていただきました。「こんな苦いもんっ」と初めは思うのですが、ほんのちょっといただく美味しさ。つい箸をのばす蕗の薹。...

餅花から柳の若葉が

今年の餅花に餅をつけない柳だけを1本加えて生けてみました。案の定このように若葉がでてきました。綺麗でしょう。自然の色合いはたまりません。野辺の菜の花もそこかしこに見られますよ。...

新吉野桜

2月24日花芽がチラッと(画像では見えづらいですね)。いつもひと足早く咲く新吉野桜です。桜の状況もお知らせしますね。春は山苞からちょっと出かけませんか。内山緑地さんに必ずお立ち寄り下さい。...

採れたての蕗の薹

綾子姐さんが、「良いとこだけ持ってきました。」と言って蕗の薹をこんなに沢山。お昼は、「なにかひと味たりんけど何ですかねぇ~??」と言って炊いたばかりの佃煮のおすそわけ。幸せなお昼ご飯でした。...

観音寺のハルサザンカ

店の近く(およそ600M先向こう)に、天武天皇によって創建(673年)されたお寺があります。そこに咲くヤブツバキとサザンカの交配3倍体のハルサザンカの美しい事。このお寺には、天永3年(1112年)に法華経全巻の書写が納められています。これは日本最古とされるもので、筑後地方の仏教文化がこの地にあったと言う事です。後にこのお寺は天台宗に改宗されております。天気が良くなりちょっとそこまでを、時々ご紹介します。...

ママたちはお友達

久留米市と北九州のママたちは、石兆亭で待合せてのお昼。「おっぱいのんでねんねして、だっこしておんぶして・・・・。」とお姉ちゃんがあやしています。お寒い中ありがとうございます。又遊びに来てくださいね。...

小雪降る中、お節句祝いの打ち合わせ

穂乃香ちゃんはお父さんの友秀さんと、お母さんの明日香さんから頂いて名付けられました。今日はおばあちゃまを伴って打ち合わせに。地酒純米酒「伝兵衛」が食事をすすませてくれています。みんなこのように祝福されて、幸せを頂いて誕生させていただいたんですね。改めて父母に感謝します。...

ビックサイトと笹おこわ

3日間で90000人の来場者があり、数ある出展者の中から石兆亭の笹おこわを目がけて来て下さったバイヤーさん達がいました。巨大な施設の中で、我々田舎町のささやかな商品が人々の目に晒され、目に留まるという不思議さ。この不思議さという目に見えない働きに感謝しております。...

ビックサイトはすごか~

その名の通り3日間で9万人の入場があったというトレードショー、そして「こだわり食品フェアー」に出展してきました。施設もすごかぁ~~~~~。そして市場の大きさはさすが世界の東京!!笹おこわが出会える人に出会いをいただいて帰りました。ご先祖様、そしてこの土地の恩恵。千数百年も前からこの地に人の暮らしがあって、営みがあった事でこの笹おこわの上質な素材があると言う事に、感謝するばかりです。...

のけぞって「うまかった」でした

リウマチの治療を受けると必ず肺の機能が低下しますので、CTや呼吸器機能検査を大学病院で行います。リウマチ治療は毎月点滴を受けて、体調を維持させていただきます。東京から戻り一段落して二つの病院に行きますと、診察室に入るなり、「うまかった!!」と後にのけぞっておっしゃいます。そう笹おこわの事です。地元素材の良いものばかりで造らせてもらいました。東京での反応は上々でした。おかげさまで、感謝感謝。...

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。