石兆亭ぶろぐ

福岡県を流れる母なる大河「筑後川」と筑紫平野の屏風にたとえられる耳納連山の麓にある季節の料理と仕出しの店「石兆亭」の日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

笹おこわを食べて汗が出てきた

と言われたY女史の言葉に続いて思い出しました。
40年も前に常原久弥彌さんという
(大阪ロイヤルホテルの名シェフ、お会いしたこともないし、
この方のお食事をいただいたこともありませんが)
高名な方がおられました。
お客様に何が欲しいかと尋ねられたら、
「常原久弥彌さんのスープが飲みたい。」
と言われるほどの名シェフだったそうです。

最近も高名な料理研究科の女史の作られたスープも、
病気が治るほどの力があるものと聞いています。

名シェフ、名女史のものに匹敵するほどのものではありませんが、
確かに抗がん剤治療をうけてクタクタのY女史が、
汗ばんできたと言うほど、力があると言うのは納得できます。
私はうなぎをいただくと5分後にはモリモリとしてきます。
風邪の時はペロリと一匹いただいき、翌日には半分、三日目も半分。
つまり二匹はいただいて薬なしでがんばれるんですね。

みじかに山芋とろろやスッポンなど、
季節の変わり目には滋養豊富な食べ物と休養でのりきってください。

最近咳をされる方が目立ってきましたので、
どうぞ「風邪ぐらいなんちゃなか」は禁物ですよ。






スポンサーサイト
  • [No Tag]

ご案内

プロフィール

石兆亭

Author:石兆亭
石兆亭ブログへようこそ!

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。